アルマ動物病院長あいさつ

アルマ動物病院長 長谷川 承


みなさまこんにちは。

当院は“ALMA”(スペイン語で“心”)の通い合う病院をモットーとして2001年に開院致しました。

そして気軽に何でもお話し頂け、
ご相談頂ける。
そんな病院を目指しています。


私は大学院時代からライフワークとして糖尿病を研究、診療しています。
糖尿病は食事管理が最も大切な疾患の1つで、治療を通して栄養の重要性を痛感するようになりました。
この思いから開院時より“健康も病気も食事から”として栄養指導を大きな柱としておこなっています。
しかし、運動不足による肥満症や関節疾患は栄養指導だけで治療・予防することが難しいことから、運動療法としてハイドロセラピーをもう一つの柱としておこなっています。
現在では整形外科手術後をはじめとする各リハビリテーションと共に免疫や自律神経など内科学的な分野での効果にも取り組んでいます。

家族の一員としてかけがえのない“うちの子”にたいしてアルマ動物病院は、飼い主様と共に心の通い合う治療を常に心がけて行い、あわせて“健康の増進”のお役に立ちたいと考えています。


プロフィール
昭和38年9月29日  東京都目黒区生まれ
平成元年 日本獣医畜産大学大学院修士課程修了
平成4年 日本獣医畜産大学大学院博士課程修了
平成4年 谷沢動物病院(東京都墨田区)勤務
平成10年 武井動物病院(東京都国立市)勤務
平成14年 アルマ動物病院 開院

平成8年から3年間 東京女子医大糖尿病センターにて研修

所属
東京都獣医師会
日本糖尿病学会
動物臨床医学会
日本動物リハビリテーション学会
日本獣医再生医療学会
日本獣医がん学会
日本ペット栄養学会