業績集

業績集

長谷川 承 業績書

  1. イラストでみる猫の病気 / 小野憲一郎他編 (1998 / 講談社)
    糖尿病 (p92-93)
  2. 猫の治療最前線 / 谷川篤彦監修 (1999/インターズー社)
    第5章 内分泌疾患 (p345-376)
  3. 猫の治療最前線 (1999/長谷川篤彦監修/インターズー社)
    第11章 代謝性・栄養性疾患 (p573-592) 

投稿論文

  1. SAK0,T.,HASEGAWA,S.,K0YAMA,H.,TAKAGI,S.,and M0T0Y0SHI,S.(1989)
    Lipoprotein of thoroughbred horse by density gradient ultracentrifugation.日競研報,26:10−16.
  2. HASEGAWA,S.,SAK0,T.,TAKEMURA,N.,K0YAMA.H.and M0T0Y0SHI,S.(1991)
    Glycated hemoglobin fractions in normal and diabetic dogs measured by high performance liquld chromatography. J. Vet. Med. Sci. ,53(1),65−68.
  3. HASEGAWA,S.,SAK0,T.,TAKEMURA,N.,K0YAMA,H.and M0T0Y0SHI, S.(1992)
    Glycated hemoglobin fractions in normal and diabetic cats measured by high performance liquid chromatography‐J. Vet.Med.Sci.,54(4),789−790.
  4. HASEGAWA,S.,SAK0,T.,K0YAMA.H.and M0T0Y0SHI,S.(1992)
    Glucose utilization in cats,dogs and cows measured by euglycemic insulin clamp technique.J.Vet.Med.Sci.,54(3),583−584.
  5. 谷澤浩二・長谷川承・水野隆弘・上田耕司・金井孝夫(1995)
    [技術講座]脳波の取り方と臨床応用.獣医神経病.2: 23-27 .
  6. 長谷川承、荷見澄子、勝盛弘三、苅部幸代、左向敏紀、岩本安彦、大森安恵(2001)
    犬の糖代謝に対する高脂肪高カロリー食長期投与の影響.糖尿病.44(3): 197-202.
  7. 左向敏紀、流石真美子、長谷川承、新井敏郎、広瀬 昶(2000)
    荷花掌の投与効果が示唆されたインスリン非依存性糖尿病猫の1例.動物臨床医学. 9(3): 149-153. 
  8. 長谷川承、古屋興一、新田健、梅田昌樹、武井達之輔(2001)
    機能亢進のみられない副腎皮質癌を併発した糖尿病犬の1例.動物臨床医学.9(4): 199-204.
  9. 左向敏紀・流石真美子・水谷尚・長谷川承・廣瀬昶(2001)
    STZ糖尿病犬の血中グルコース濃度コントロールに対するアガリクスキノコの影響.獣医東洋医学会誌.7: 8-13.
  10. 長谷川承 (2016)
    糖尿病治療の実際 2.犬の糖尿病の治療 動物臨床医学25(3) 85-89

ジャーナル

  • 犬と猫の臨床動物看護ガイド〜症状に合わせた動物看護を考える〜
    第7回 昏睡「ぐったりしている」〜糖尿病性ケトアシドーシスの動物看護〜
  • 副腎と下垂体〜臨床現場のデータから読み解く代表疾患の診断〜
    CAP No.371 p8-25 2020 緑書房
  • 犬の副腎皮質機能亢進症・低下症の治療
    CAP No.373 p8-23 2020 緑書房
  • アプローチ法 第34回元気と食欲はあるのに痩せてきました
    CAP No.364 p98-106 2019 緑書房
  • 外科疾患罹患犬に対するリハビリテーション 水中療法
    SURGEON Vol.19 No.1 2015 インターズー
  • 犬の副腎機能低下症と副腎の超音波検査
    CLINIC NOTE No.124 p37 2015 インターズー
  • 犬の糖尿病とうまくつきあうために[後編] 犬の糖尿病と糖尿病性ケトアシドーシス
    CLINIC NOTE No.112 p21-32 2014 インターズー
  • 犬の糖尿病とうまくつきあうために[前編] 犬の糖尿病の治療戦略②
    CLINIC NOTE No.110 p20-27 2014 インターズー
  • 犬の糖尿病とうまくつきあうために[前編] 犬の糖尿病の治療戦略①
    CLINIC NOTE No.110 p10-19 2014 インターズー
  • 猫の血糖値をコントロールする[後編] 血糖コントロールの実際
    CLINIC NOTE No.99 p8-15 2013 インターズー
  • 猫の血糖値をコントロールする[前編] 猫の糖尿病の治療戦略
    CLINIC NOTE No.98 p14-25 2013 インターズー
  • 犬と猫の糖尿病 基礎〜検査〜治療 実践的な糖尿病治療を考える
    MVM Vol.21 No.137 2012 ファームプレス
  • 関節疾患に対する内科療法の試み 〜ポリ硫酸ペントサンナトリウムとハイドロセラピーを中心として〜
    MVM Vol.20 No.127 2011 ファームプレス
  • ハイドロセラピーの現状とその有用性
    SA Medicine Vol.11 No.3 p57-67 2009 インターズー
  • 糖尿病のコントロール 血糖コントロールのテクニック
    SA Medicine Vol.7 No.1 p32-47 2005 インターズー
  • 震え・振戦 代謝異常による振戦
    SA Medicine Vol.5 No.6 p26-36 2003 インターズー
  • 多飲・多尿 -多飲多尿をともなう疾患へのアプローチ- 糖尿病の診断と内科的治療
    SA Medicine Vol.3 No.6 p38-49 2001 インターズー
  • 犬と猫の内分泌疾患2.膵臓 猫の糖尿病−分類から診断・治療まで−
    獣医畜産新報 Vol.50 No.11 p957-963 1997 文永堂出版
  • 消化器疾患−下痢の病態とその疾患− 膵外分泌不全(EPI)−病態から症例まで−
    Pro Vet No.112 p15-23 1997 インターズー
  • 糖尿病(下)−Quality of Lifeをめざして− 糖尿病のコントロール指標とその有用性
    Pro Vet No.92 p39-44 1995 インターズー
  • 糖尿病(上)−Quality of Lifeをめざして− 最近体験した糖尿病関連症例
    Pro Vet No.91 p61-63 1995 インターズー
  • 犬と猫の膵疾患 猫の糖尿病における診断と治療
    獣医畜産新報 Vol.46 No.10 p832-834 1993 文永堂出版

連載

犬と猫の糖尿病・診断から治療まで

Info Vets No188-196 2018 アニマル・メディア社

  • 第1回 先ずは糖尿病の病態を把握する
  • 第2回 食事療法とインスリン療法
  • 第3回 高血糖に対する初期対応から血糖曲線の作成とその評価
  • 第4回 持続した血糖コントロールのための飼い主教育
  • 第5回 血糖コントロールテクニック
  • 第6回 より実践的な血糖コントロールテクニック
  • 第7回 糖尿病性ケトアシドーシスの攻略方法
  • 第8回 犬と猫の糖代謝と糖尿病の苦手を克服

これだけは知っておきたい糖尿病の基礎

  NJK Vol.159-175 2014-2016 ピージェイシー

  • 第1回 なぜ糖尿病はいろいろな疾患の合併症として発症するのか?
  • 第2回 高血糖発見!さあどうしよう?
  • 第3回 高血糖に対してまずすることは?
  • 第4回 血糖曲線を理解しよう
  • 第5回 在宅治療開始前における飼い主へのインフォームの仕方
  • 第6回 血糖コントロールテクニック
  • 第7回 猫の血糖コントロール
  • 第8回 ケトアシドーシスの治療

一般取材

  • 飼い主が知っておきたい動物病院と獣医療の最前線 6.内分泌疾患
    p032 2019枻出版社
  • いぬのきもち 犬の現代病ファイル Vol.6 糖尿病
    p78-81 2019 ベネッセ
  • 犬の名医さん 内分泌科
    p88 2014  小学館
  • RETRIVER 丈夫な関節をいつまでも!
    P64-65 68-69 2014 枻出版社

そのほか口頭・示説発表多数